シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水漏れ

水漏れ事故

ある管理物件で水道使用量が毎月に比べ多いとの報告を受け現地調査をしに行ってみました。

この物件は貯水タンクに一旦貯めてそこから個別の専有部分にポンプを使って送っております。

そのポンプから個別の専有部分に入る前に水道メーターが付いております。

その水道メーターは子メーターといわれるもので基本的に水道局は無関係なものです。

子メーターという名前があるってことは親メーターというのもあります。

この管理物件でいうと水道管から貯水タンクに入るまでの間にあります。

図であらわすとこんな感じです。

水道局はこの基本的にこの親メーターの数値を測定し使用料を請求します。

で管理としてはこの子メーターの数値から各々の専有部分契約者に請求するのです。

ワンルームや1Kとかの住居物件やと月額2000円やらで貸主に払っている場合が多いかと思います。

だから通常問題が無ければ子メーターの合計数値=親メーターの数値になるんです。(実際は共有部分の水道使用などで多少違いますが)

でこの物件ですが発見が少し遅れました。原因は担当者のボッサリ具合が悪いのですが

親メーターの数値は毎月の平均値からは大きく変動はしていない程度だったのですが子メーターの数値が各々の専有部分は減っているのです。

という事は子メーター合計数値と親メーターの差が平均値より大きくなっているのを見逃していたのです。

実はこの物件、居住用と事務所が混同しており、その事務所共有部分にシャワーブースもあるんです。

その事務所契約者の中には現場系の所もありますので、暑い時期は仕事終わりなどにシャワーを浴びてサッパリされる事もあるでしょう。なので夏場などは共有部分の水道使用量はどうしても増えるのです。

だからボッサリしている担当者は専有部分の減っている数値はシャワー分でトントンやろぐらいに思っていたのですが報告を受けて電卓を叩いてみると…

シャワー浴びてるにしてもドンだけ~!ってくらいの数値です。

結果的に…まぁ漏れてましたね。

まず調査方法としては各々の子メーターは数値的に問題は無かったので各々の専有部分では漏れてないでしょう。

専有部分で漏れていると親メーターの数値と共に該当子メーターの数値も増えます。

でも親メーターの数値のみが多いという事は上記の力作からすると…って書いてなかったけどポンプの先に共有部分があるのですが、親メーターから共有部分を含む子メーターまでの間です。

共有部分のトイレやシャワー、給湯室を見ましたが特に漏れている感じは無し。で貯水タンクに行ってみるとありましたわ!

貯水タンクに付いている配管からずっと水が出てます。

おそらくオーバーフローではないでしょうか。

オーバーフローって何かというと、トイレタンクの中にある丸いウキの具合が悪かったら水が止まらんでしょ、ああいうやつです。

ひとまず原因が分かりましたので専門家に引き継ぐためオーナー様に報告して完了です。

たぶんこれのみが原因でほかの所で漏れてないことを祈ります、見えないところで管が破裂してるとか最悪ですもんね。

皆さん自分ちが水道代高いなと思う事はありませんか?

もし水が漏れてるかどうかを知りたいときはとりあえず水を全部止めてください。

その後水道メーターを見に行ってみてください。メーターはマンションなら玄関横あたりの扉の中、戸建てなら道路よりの地べたに水道メーターって書いた蓋があるはずです。

そのメーターの銀色のまるっこいのがヌラヌラ動いてたらメーターから先に水が行ってる最中って事なんで漏れてる可能性があります。ってか全て止めてんのに動いてたら漏れてますわ。

ヌラヌラ部分はこれを参考にしてください。真ん中らへんの赤いチョボに銀色のやつです。

あ~ちなみにボッサリしてる担当者は私です。

運営会社

浪速区暮らし運営会社

大阪市浪速区敷津東3-10-18

株式会社FREE SPACE

06-4397-9006

お部屋探しページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする